SNSで話題!水素水ってどんなもの?

モデルや女優のあいだで評判の高い水素水。
インスタグラムやブログなどで、「**水素水」というパッケージ画像を見かけることも多いですよね。

健康のため?
体型維持のため?
どんな効果があるのかはわからないけど、水素水って身体によさそうという“なんとなく”なイメージで購入したことがある人、飲んでいる人もいるのではないでしょうか?

ここでは、水素水について詳しくご紹介していきたいと思います。

水素水の働き

飲料水を水素水にすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

水素は宇宙で一番小さな分子と言われていて、摂取すると体内のどんな細胞にも入りこんでいきます。
また、水素はほかの分子と結びついてさまざまな化合物になって存在しています。
水(H2O)が水素(H)と酸素(O)でできているように、水素は体内にある活性酸素と化合して水に変化します。

水のイメージ

活性酸素は人間のエネルギー源であるミトコンドリアを傷付けてしまうので、身体が疲れやすくなったり、新陳代謝がうまくいかなくなって肥満や肌荒れの原因を引き起こしてしまいます。
疲労や老化、さまざまな病気の原因として名高い活性酸素を、水素を摂取することで無害化できてしまうのです。
これを「抗酸化」と言って、水素がもつ抗酸化作用はビタミンやポリフェノールに比べて非常に優れていています。
水素水を飲むことで身体の抗酸化力を高めることができるので、

美肌効果(紫外線によって酸化された肌のターンオーバーを正常化)
疲労回復(エネルギーを生産するミトコンドリアを活性化)
肥満予防(ミトコンドリアの活性化で新陳代謝を促進)
病気の予防(活性酸素によって引き起こされる血液、血管の異常を防ぐ)

といった効果が期待できます。

アルミパウチ入りの水素水

アルミパウチに入った飲料

水の状態での長期保存が可能で、手軽に試すことができるのがアルミパウチタイプ。
小さな水素分子は拡散しやすく水からすぐに抜け出てしまいますが、それを防止する密閉容器です。
持ち運びに便利でいつでも飲めるのが一番のメリットですが、単価が高いのでコストパフォーマンスを求める場合は、ほかの水素水と併用するのがベター。

アルミパウチに入っている水素水は、良質な天然水に水素ガスを溶かして作られています。
原料となる天然水の味や性質が変わらずに作られるので口あたりがよく、飲みやすいのが特徴。
ほとんどのアルミパウチ製品には容器に飲み口がついているので、いつでも手軽に飲むことができます。

機密性に優れているといっても、時間が経つにつれて水素濃度は低下していきます。
アルミパウチタイプの水素水を購入するときは、製造日のチェックを忘れないようにしましょう。
また、ネット通販を利用する際にはメーカーのオフィシャルサイトで買うのがおすすめ。
製造された商品から優先的に工場から直送されることが多く、ドラッグストアやコンビニで購入するものよりも新鮮な水素水を飲むことができます。

水素水生成器

水素水を飲みたいときに自分で作ることができる水素水サーバーや生成器もあります。
設置型のウォーターサーバータイプから持ち運びができるボトルタイプまで、大きさも価格もピンキリ。とはいえ、いつでも水素水を作ることができるので、長期的な目で見ればもっとも低コストだと言えます。

水素を作り出す

さまざまな製造メーカーから水素水サーバーが発売されていますが、中には「電解水素水整水器」「還元水素水生成器」といった名称で呼ばれているものがあります。
これはアルカリイオン整水器と同義なので、純粋な水素水としての効果はあまり期待できません。アルカリイオン水にも水素分子は含まれているので、“水素水の仲間”という認識がふさわしいでしょう。
自然界において水素分子の溶存濃度の飽和値は1.6ppmですが、アルカリイオン水の水素濃度は0.1~0.3ppmです。

水素の抗酸化作用をスポーツ選手や医療を受けている人に有効活用したいと水素水サーバーを開発した企業もあるので、生成器の種類や製造メーカーによって水素水の質は異なってくると考えておいた方がいいでしょう。

スティックで水道水を水素水に

もっともコストが少なくすむのは水素を発生させるスティックです。
水道水や市販のミネラルウォーターにスティックをつけておくだけで、水素水ができるという便利で手軽なアイテム。
スティックの中には金属マグネシウムが入っていて、マグネシウムと水の化学反応によって水素が生成されます。(Mg+2H2O=MgO2+H2)

ただ、水素が発生するまでには時間がかかります。
500mlのペットボトルに水素水スティックを1本入れて、2時間は必要。より長くつけておけば、より高濃度の水素水ができます。

「水素分子は非常に小さいから、ペットボトルから抜けてなくならない?」という疑問を持つ人がいるかもしれません。
たしかに、生成済みの水素水の多くは密閉性の高いアルミパウチに入って売られていますよね。
化学反応で水素水を生成する場合には、水素を発生し続けるので水素濃度が低下することはありません。
ただ、2時間待って水素水ができたからと水素水スティックを取り除いてしまうと生成がストップしてしまい、できた水素はどんどん抜けていってしまいます。
水素水を飲むときには、スティックを入れたままにしておくのがいいですね。